代表カウンセラー紹介

 

miliful(ミライフル)代表カウンセラーの高見光輝です。

 

結婚=幸せという短絡的発想ではなく、幸せとは何か、自分の人生をどうしたいのかを主体的、能動的に考えることが何より大事だと考えます。

 

とはいえ、考えているだけでは物事は前に進みません。難しく考えずにまずは行動してみましょう!
行動してはじめて気づくこと、感じることがあるはずです。

 

【代表プロフィール】

 

 日本一人口の少ない県(鳥取県)の田舎町にて、豊かな自然の中でのびのび育ち、大学進学のため上京。
大学以降、周りは男ばっかりという環境の中で半生を過ごす。「何もしなければ良い出会いはない」、「待っているだけで幸せが転がってくることはない」ことを身をもって知っているため、同じような経験をしてきた人に対しては、人一倍「良質な出会いを提供してあげたい」という気持ちが強い。

 

 また、直近においては、相続・終活に関する仕事をしており、多死社会を実感するとともに、新たに生み出すことをしなければ日本は滅びてしまうのではないかと危惧し、微力ながらも日本社会に貢献したいと考えるようになった。

 

ー略歴ー
昭和58年鳥取県生まれ
鳥取県立米子東高等学校卒業
東京農工大学工学部卒業(学士)
京都大学大学院エネルギー科学研究科修了(修士)
キヤノン株式会社
司法書士事務所

 

ー主な資格ー
行政書士
宅地建物取引士
AFP(ファイナンシャルプランナー)
大型自動二輪免許

 

ー家族ー
妻:女性カウンセラー、看護師、優しい、気が利く、本番に強い、心配性、保守的

 

長男:6歳、とにかくごはんが大好き
次男:1歳、とにかくかわいい

 

ー好きな言葉ー
“出会いは偶然、別れは必然”(読み人知らず)
 →恋愛相談を受けたときによく口にする言葉です。出会ったのは偶然だったかもしれませんが、別れてしまったのは、何らかの原因・理由があるわけですから、必然だと思います。反省することはよいと思いますが、必然の結果に対してくよくよ悩んでも仕方がありません。新たな良い出会いを探していけばよいと思います。幸いなことに、結婚相談所は出会いの蓋然性(確実性の度合)を高めますので、良い出会いに巡り合うチャンスがぐっと増えます。

 

“成功の反対は失敗ではなく、何もしないこと”(複数の著名人)
 →失敗は成功するための糧であり、過程でもあると感じています。何もしなければ何も得ることができないどころか、滅びていってしまうと考えています。何より、やった後悔よりやらなかった後悔の方が大きいですから、悩んでいるならやる方を選んだ方が悔いのない人生を送れると思います。

 

“追い詰められた場所にこそ、大きな飛躍がある”(羽生善治さん)
 →どうしようもなく追い込まれて、追いつめられるときが人生には幾度か訪れます。そのときこの言葉を思い出すと勇気が出ます。大きな壁・限界にぶち当たるときが大きく成長するチャンスなのだと教えてくれます。実際は非常に苦しいですが、ピンチをチャンスに変えるための発想の転換です。