Q&A

Q.家族や知り合いに知られないように活動したいのですができますか?
A.当相談所からお渡しする名刺や封筒は、一見して結婚相談所とわからないようにしていますので、その点はご安心ください。
システム上も個人名等の個人情報では検索できないようになっていますし、会員でなければそもそも検索システムが使用できません。
結婚という人生の一大イベントに向けて活動するのですから、知り合いはともかくとして、ご家族には頃合いを見てご報告なさった方がよろしいかもしれません(もちろんご本人様の意思が最優先です)。

 

Q.「結婚相談所」はあまりいいイメージがないのですが?
A.一昔前の結婚相談所といえば、「結婚できない人の集まり」というイメージがありましたが、現在の結婚相談所は、ハイスペックな人たちが「理想の相手を見つけるための場」として利用する傾向が強くなってきています。
仲人から何人かの写真とプロフィールを紹介されてお見合いをする昔のスタイルではなく、ご自身で何万人という会員の中から会いたい人を探すことができる画期的なシステムです。しかも厳格な入会基準を設けていますので、虚偽・サクラが発生しない仕組みになっています。国内最高峰の安全・安心のシステムで良質な出会いを探せますので、一度体験いただければ良いイメージに変わるのではないでしょうか。

 

Q.無料カウンセリングを受けると入会しないと気まずい感じになりませんか?
A.もちろんそんなことはありません。カウンセリングの結果、「結婚相談所より、〇〇の方が向いているかもしれない」「いまはまだ入会する必要はなさそう」など、その方に合ったアドバイスをさせていただきますので、必ず入会を勧めるものではありません。
※お互いの時間と他の会員様の活動サポートの時間を無駄にしないため、冷やかし・不真面目な目的での無料カウンセリングはお断りさせていただいております。

 

Q.年収、学歴に自信がなく、証明書を提出するのが恥ずかしいのですが…
A.年収、学歴を相手に求める方もいらっしゃいますが、求めない方もいらっしゃいます。
証明書を提出いただく理由は、連盟のすべての会員様が、嘘偽りのない情報をもとに、安心してお見合い・交際をしていただくためです。
自信がないところを気にしすぎるより、自信があるところを伸ばしていく方がうまくいく可能性が高まります。
カウンセラーがあなたの良いところを伸ばしていけるようお手伝いいたしますのでご安心ください。

 

Q.持病があるので入会をためらっています。持病があると婚活には不利なのでしょうか
A.持病や障がい、ハンディキャップをお持ちの方も活動していらっしゃいますし、成婚事例も聞いています。
必ずしもお伝えいただく必要のない情報になりますので、公開するかしないか、どのタイミングで伝えるかなど、ご本人様の意向を最大限尊重させていただきます。

 

Q.どうしてこんなに会員がいるのでしょうか
A.相談所単体で抱えられる会員数には限界がありますので、日本結婚相談所連盟(株式会社IBJ)に加盟して、全国の6万人超の会員を紹介できるようにしています。全国の会員が共通のシステムを使っていますので、質の高さが保たれています。

 

Q.女性は35歳を過ぎると需要がなくなると聞いたのですが、本当ですか
A.2019年度の日本結婚相談所連盟の最新データによりますと、女性の成婚年齢は、平均値で35.2歳、中央値で35歳です。
これは、35歳は成婚者全体のなかでちょうど真ん中に位置していることを意味します(35歳の前後に同じだけ人数がいる)。35歳までの女性と、35歳を過ぎた女性で、同じだけ成婚者がいるんです。つまり、需要はあるっていうことですよね。

 

Q.初婚ではないのですが、入会できますか
A.もちろんできます。
再婚者の会員は全国に多数います。再婚者との結婚も視野に入れている会員は全体の約75%もいます。

 

Q.けっこう料金が高いなと思ったのですが…
A.たしかに決して安くはありません。当社が加盟する日本結婚相談所連盟では、連盟全体のサービス水準の維持、成婚意欲のある方にご活動いただくことを目的として、初期費用は10万円(税抜)、成婚料は20万円(税抜)程度が推奨値とされています。当社では独自のサービスを追加しつつも、推奨値から大きく乖離しないように設定させていただいています。
結婚相手を見つけるという人生の一大イベントにかける費用としては、例えば、恋愛結婚の場合に要する費用(数年分のデート代・食事代・プレゼント代等)や、車などを購入することに比べてみていかがでしょうか。

 

 

その他ご不明点はお問い合わせフォームよりご質問ください。